FX初心者が失敗しない自動売買

present

 特典名
 オークションで月何万も稼ぐ方法

 特典説明文
 オークションで副収入を手に入れませんか?
 誰でも簡単にできるオークションでの儲け方のマニュアルが
 今だけ期間限定で無料

 button

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

android(アンドロイド)のアプリでFX取り引き

iPhoneの登場から勢いが止まらないスマートフォン業界。

そして、最近iPhoneの対抗馬として大人気のandroid(アンドロイド)携帯です。

FX業界もこの勢いは無視できません。

ついにそのandroid(アンドロイド)でFXの取り引きができる専用アプリが登場しました。

ご存知の通りアンドロイドを含めた各種スマートフォンは、

フルブラウザ搭載なのでパソコンのサイトを閲覧できます。

よって、パソコンでのFX取り引きがスマートフォンでもできました。

しかし、パソコンよりも画面が小さいので、

パソコン用のサイトではFXの取り引きがやりにくいのが現状です。

しかし、ついにアンドロイドでFX取り引きができるアプリを大手FX業者がリリースしました。

「みんなのFX」 スプレッド1銭、手数料無料、16通貨ペア、レバ50倍、ダイレクト入金OK、

手数料0円!レバレッジ最大100倍!【サイバーエージェントFX】

クリック証券が実現した本格FX取引!取引手数料「完全無料」で登場!

これでパソコンがなくてもアンドロイドでハイスペックなFX取り引きができると思います。

アンドロイドやiPhoneをお持ちでFXに興味がある方はこれを機に始めるのも良いですね。

 



スポンサーサイト

FX初心者が失敗しないために ~損失を大きくしない仕組みがある~

FXの取り引きをするには、
あらかじめ口座に保証金を入金しておく必要があります。

この保証金を担保として、レバレッジをかけて投資を行うことができます。


そして、FX業者では、保証金以上に損失が膨らまないようにする
ロスカットとマージンコールというものがあります。

「ロスカット」とは、
損失が大きく成りすぎたために、FX業者が強制的にポジションを決済する事です。

つまり、
FX業者によって強制的に反対売買が行われ、保有していたポジションが解消され、損失が確定します。
しかし、ロスカットがあるおかげで損失は最小限に食い止められます。

ロスカットが行われる基準は業者によって違います。

仮に、損失が80%になるとロスカットが行われるとします。
当初1000万円あった口座で、800万円の損失が出ると、200万円口座に残ります。

ロスカットが行われたら、すでに決済が終了していますので、
口座には200万円しか残っていないことになります。


一方マージンコールとは、
保証金に一定の損失が発生した場合に顧客に対して連絡するものです。

つまり、
レートが変動して保有ポジションに損失ができて、膨らんだ場合に
改めて追加の入金を顧客に連絡します。


よって、
ロスカットが起きそうな時は、まだ損失がそこまで大きくない時に必ずマージンコール
がかかります。
この時に追加入金をすれば、ロスカットは起こらずに
その後の相場の変動次第は、損失を取り戻せるかもしれないのです。

FX初心者が失敗しないために~取り引きのコストを考える~

FX取引にかかるコストがあるのは知っていますか?


それは「スプレッド」というものです。

名前は聞いたことあるけど詳しくはわからない方が多いと思います。


簡単に言うと、
スプレッドというのは、為替レートに存在する買値と売値の差のことです。


買値と売値の差とは、
ニュースなどで為替レートを紹介する時に「1ドル=100.00~100.05」と言うように言われますが、
この0.05円の差がスプレッドなのです。

また、FX業者のサイトでは、
「米ドル/日本円 売値100.00 買値100.15」のように書いてあり
この差もスプレッドです。

これは買うときは100円00銭だけど、売るときは100円15銭だということを示しています。


FX業者のサイトに載っているスプレッドは、どのFX業者でも一緒ではなく
FX業者が自由に設定できるのです。

数多く手数料無料のFX会社がありますが、それはスプレッドから利益を得ているからです。

スプレッドも手数料のひとつだと考えられるので、
取引にかかるコストは、「手数料+スプレッド」で考えましょう。


このスプレッドの大小を考慮してFX業者を選ぶと良いと思います。

FX初心者が失敗しないために~少ない資金で大きく取り引き~

FXにはレバレッジというのがあります。

レバレッジとは「少額の投資資金にレバレッジをかけて、大きな金額の取引をすることができる」仕組みです。

日本語では「てこ」と言うみたいです。


米ドル/円が「1ドル=100円」のときに1万円に20倍のレバレッジをかけると20万円、つまり、2000ドルが購入できます。

その後、「1ドル=110円」になったときに売るとすると、その2000ドルが22万円になります。

実質は1万円に20倍のレバレッジをかけただけですので、1万円で2万円の利益が生まれ、200%の利益率となります。

最初の1万円は証拠金と呼ばれる担保になります。

このように期限内の損益分だけが手元に残るのがレバレッジの大きな特徴であります。

当然、損をした場合は証拠金から差し引かれます。

証拠金でも足りない場合は追徴支払いされることはなく、その前に強制決済で証拠金以上の負債は抱え込まないようになっています。

FX取り引きは証拠金でレバレッジを使うが本来の役割です。

このレバレッジを巧く利用していけば、少ない資金でも大きな利益を生むことができるのです。

FX業者を選ぶ際に、最大レバレッジを見て判断するのも一つの手です。

FX初心者が失敗しないために ~スワップを狙う~

FXは、自分のタイミングで注文と決済することができます。

そのため長時間ポジションを持っていることもできるはずです。


FXの魅力のひとつに「スワップを受け取れる」というのがあります。
「スワップ」がわからない方はこちら
金利の違い~スワップポイントで稼ぐ~

長期間ポジションを保有するという方法で、スワップを受け取ることで成功している人もいます。

「1日に受け取れるスワップポイント=100円」の場合には、ポジションを1年間持ち続けるだけで
100 円×365 日=36,500 円というスワップポイントを受け取ることできます。


この方法では、
大きな利益を短期間で稼ぐことはできませんがスワップをしっかり管理することで確実に稼ぐことができるのです。

ただし、定期預金の金利などと比べると、はるかに良い利率になるはずです。


しかし、この方法には欠点があります。
それは、最初に持った「買い」ポジションのレートよりも円高になったときです。

たとえば、1ドル=120円で買ったにもかかわらず、長時間保有した後に1ドル=100円とゆう円高になってしまうと、為替差の損が大きくなり、
スワップ金利を超える損失が出ています。

また、ロスカットにならないように、レバレッジを2倍程度までにしかしないようにすることも大切です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。